MENU

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの比較

フィンジアとボストンスカルプエッセンスの違いについての比較表を準備してみました。

 

フィンジアとボストン、どちらもキャピキシルとピディオキシジル配合の最新育毛剤です。
一番最初に比較するならこの2つですね。確実に違うポイントもありますよ。

 

ボストン フィンジア
公式サイト
ボストン詳細⇒

フィンジア詳細⇒
キャピキシル 5% 5%
ピディオキシジル 1.5% 2%
比較ポイント フラーレン配合 カプサイシン配合
1本あたり 14,800円(単品)
12,800円(定期)
60ml
12,800円(単品)
9,980円
50ml

 

比較ポイントを吟味して、私はフィンジアを実践することにしました。
フィンジアの口コミや効果を体験記でまとめていますのでよかったら参考にしてみてください。

 

フィンジア体験記

 

フィンジアとボストンの比較ポイントと選び方

ピディオキシジルの濃度

フィンジアとボストンの違いでまず一番のポイントは、ピディオキシジルの濃度

 

最新の育毛成分ということもあってこのピディオキシジルを配合している育毛剤は現在この2つだけです。
で、その濃度はフィンジアの2%に対してボストンは1.5%。

 

ピディオキシジルはあのミノキシジルと同じ効果のある成分ですが、副作用がないことを考えれば安心できる成分。

 

一方キャピキシルはフィンジアもボストンも5%なので違いはありません。
キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果のある成分。ミノキシジルとは全く別の成分なので副作用の心配もありません。

 

フィンジアとボストンの育毛成分で考えれば、このピディオキシジルの多いフィンジアがより効果的といえます。

 

アプローチの仕方

注目の集まるキャピキシルとピディオキシジルの有効成分をどうやって育毛効果に導くか。
こちらは目的によって人ぞれぞれなので、自分が求める方を選ぶのがいいかと思います。

 

大きな違いとして簡単にまとめると、
有効成分をしっかり浸透させるか、毛髪ダメージの原因にアプローチするか。

 

フィンジア

フィンジアは「カプサイシン」を使って有効成分を奥まで浸透させるのが特徴。
カプサイシンは辛いものに含まれてますね。辛いものを食べると毛穴が開いて汗が出ますが、フィンジアではこの原理を利用しています。
カプサイシンで毛穴を開いて、毛根まで有効成分を浸透させます。同時に血行促進も促してくれます。

 

ボストン

一方ボストンは有効成分とはまた別の成分「フラーレン」で毛髪ダメージの原因にアプローチします。
フラーレンは毛髪ダメージの原因を吸収抑制するために働きかける成分で、かなり画期的な成分としてノーベル賞受賞成分でもあります。

 

キャピキシルとピディオキシジルという有効成分をしっかり利用できるように合理的なのがフィンジア。
有効成分で効果アップの期待はできる、だからそれとは別に毛髪ダメージの原因を取り除こうとしているのがボストン。

 

価格

一番違いが分かる部分でもありますね。

 

単品で比較すると

  • フィンジア:12,800円
  • ボストン:14,800円

 

定期にするなら当然のごとく安くなります。
キャピキシルなどの成分を配合している育毛剤としてはフィンジアは1万円しない価格というのは比較的安い方になるのではないでしょうか。

 

もう一度比較表

ボストン フィンジア
公式サイト
ボストン詳細⇒

フィンジア詳細⇒
キャピキシル 5% 5%
ピディオキシジル 1.5% 2%
比較ポイント フラーレン配合 カプサイシン配合
1本あたり 14,800円(単品)
12,800円(定期)
60ml
12,800円(単品)
9,980円
50ml

いずれも1本で1ヶ月分になります。
で、
管理人としてはやはりできるだけ出費も減らしたいし、せっかくのキャピキシルやピディオキシジルをしっかり奥まで届けてもらいたいと思うので「フィンジア」を選択しました。

 

フィンジア体験記

 


最強の育毛剤誕生!フィンジア⇒詳細

 

これから育毛剤を始めるならやっぱりこの2つのうちから選ぶのが近道になるのではないでしょうか。